Navi: トップページ > 現役時代 > 参宮線
懐かしの蒸気機関車写真館 参宮線

メインページ 1970年代のSL写真 現在見られるSL 別館 ANNEX What's News Profile リンクページ BBS 掲示板

Return Top Page
紀勢・参宮線 2004.09.11 Renewal
関西周辺で最後まで旅客列車が残っていたのが、この路線です。おまけに索引機は蒸気機関車の「貴婦人」と呼ばれたC57です、私が通いだしたときは、亀山機関区所属の「110号」と「198号」でした。「110号」は1次型ですが、事故復旧時の都合でボイラーの先端部が丸くなっておりません。「198号」は4次型で好きな機関車です、2003年夏前まで千葉県の君津の公園に保存されていましたが、磐越西線で走っている「180号」の部品取りのためJR東日本に引き取られたのことです。
路線は亀山から伊勢神宮のある伊勢市駅までで、大きな変化も無く紀伊半島の東側を走り、のんびりとした汽車の旅が楽しめました。C57の引く運用は一日一往復で朝亀山を出て、伊勢市に着き、午後から亀山に戻るものでした、合間に貨物列車もありデコイチが受け持っておりました。

それでは、ゆっくりとお楽しみ下さい。



Copyright(C) Kubo Jun All right reserve

アクセスカウンタ